12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

招き猫は上げている前足が右か左かで意味が違う

よく皆さんが目にする招き猫の置物ですが

その招き猫が上げている足が右か左か、なんて事まで気にしていますか?

今日はそんな知っているけど深くは知られていない招き猫の事についてかたりましょー


そもそも、招き猫とは、前足で人を招く形をした、猫の置物の事を指します

まあ実際には猫が前足で自分のヒゲを掻く(?)動作からきたものと言われているんですけども

発祥の地がいくつかあるために本当の所はわからないんですね、うやむやで

が、しかし、その発祥の地と言われている場所はほとんどが東京都内なんです

1カ所だけ京都だとかっていう説もありますけど、それは例外としておいといて下さい(おぃ

んで、そんな東京のあちらこちらから出てきた招き猫の基本ベースはですね

三毛猫で、耳の内側が赤く、目は黒く丸い目で、首輪をつけて胸のあたりに何か(鈴や小判など)をぶら下げている

これが一般的な招き猫の形です

最近では黒猫だったり首輪以外のもんを付けてたりしてますケド

色や形が違うと上がる運とか意味合いが違うらしいです、その種類は実に豊富だとか

。。。と、ここで本題の招き猫の上げてる前足の秘密に迫りましょう

普通、招き猫って聞くと「金運」を呼び寄せる効果があるって考え方をしますよね?

実は、その「金運」を招くとされている招き猫は全部、右足を上げている物
なんです

じゃあ左足を上げていたら何なの?っていうと

「お金」ではなく「人(お客)」を呼び寄せるという意味があるらしいんです

右足は「お金」左足は「お客」、だったら両足あげてたらどうなるの......?

そう思いません?

調べてみた結果、両足を上げている招き猫は数少ないらしいんですが一応意味はあって

「お金」も「お客」も呼び寄せちゃうから「(招きすぎて)お手上げ万歳」という意味があるそうです

つまりは欲張り過ぎって事ですね

まあ実際、そんな招き猫を見たら、そういう意味があるって言われても妙に納得できちゃいそうでしょ、イメージで(


と、ゆーことです、以上w

続きを読む

スポンサーサイト

プロフィール

黒銀竜

Author:黒銀竜
趣味:記号集め、花言葉集め、人間観察、落書き

好きな物:わっふる、麦茶、速いモノ

年齢:17

性別:男

血液型:B

星座:さそり

趣味の数だけ生き甲斐があるもんです

Ξ犬時計Ξ

今日と昨日の訪問者数

現在訪問者数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。